2011年07月22日

青森県のどんぶり 青なんばん(青唐辛子)の一升漬けどんぶり

青森県のどんぶり 青なんばん(青唐辛子)の一升漬けどんぶり

青なんばん(青唐辛子)の一升漬けは、昔からトウガラシの主産地だった弘前市郊外の清水森地区の郷土料理です。。

青なんばん(青唐辛子)を切り刻み、こうじ、醤油を、それぞれ一升の分量で容器に入れ、漬け込んこみます。
材料の分量が、同量であれば、一升づつでなくても良いです。
日数が経つほどこうじがこなれておいしくなります。

あったかいご飯にのせて、青なんばん(青唐辛子)の一升漬けどんぶりの出来上がりです。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(39) | 青森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

青森県のどんぶり 十和田バラ焼きどんぶり

青森県のどんぶり 十和田バラ焼きどんぶり

バラ焼きは、三沢で誕生し十和田へ広まっていったといわれています。
牛肉の漬け汁には、青森県人なら誰でも知っていると言う「スタミナ源タレ」を使うことが重要なポイントです。

作り方は、牛肉を適当な大きさに切り、スタミナ源タレとニンニク・しょうが・すりりんごをいれた漬け汁に漬け込みます。
玉ねぎを、一人1個分くらいの目安で、1cm程度のくし切りにします。
フライパンを十分に熱し、たまねぎを焼きます。
玉ねぎがしんなりしたら、牛肉をいれで一気に炒め焼きします。
これでバラ焼きの出来上がりです。

あったかいご飯にたっぷりのせて、十和田バラ焼きどんぶりの出来上がりです。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(40) | 青森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

青森県のどんぶり 帆立貝みそ焼きどんぶり

青森県のどんぶり
帆立貝みそ焼きどんぶり

帆立貝みそ焼きは、貝殻からはずしたホタテの貝柱とヒモ、卵巣を包丁でぶつ切りにします。
刻んだネギや春菊、キノコなどと一緒に、火にかけます。(最近は、オール電化の家庭も増えていますが、やはり「火にかける」ですよね?)
味付けは、適量の味噌を水で溶き入れます。
火が通ったら、溶き卵を加え、半熟状態になったら、丼のご飯の上に移します。
posted by ginoどん at 18:59 | TrackBack(59) | 青森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。