2011年05月07日

宮城県のどんぶり ばっけ味噌(フキノトウ味噌)どんぶり

宮城県のどんぶり ばっけ味噌(フキノトウ味噌)どんぶり

宮城県では「フキノトウ味噌」のことを、「ばっけ味噌」と呼びます。
フキノトウの、ほろ苦い味覚が春の到来を感じさせる一品です。

フキノトウをよく洗い、外側の苞を外します。
たっぷりのお湯で1分ほどサッと茹で、鮮やかな緑色になったところで引き上げます。
1、2時間ほど流水にさらし、灰汁を抜きます。
ギュッと絞り、完全に水気をきってから、みじん切りにします。
フライパンにサラダ油を敷き、弱火で軽く炒めます。
味噌、砂糖、酒、みりん、しょうゆを加え、なめらかになるまで弱火で練ります。
これで、ばっけ味噌(フキノトウ味噌)の完成です。
冷蔵庫で1ヶ月程度は保存できます。
あったかいどんぶりご飯の上にばっけ味噌をお好みでのせて、ばっけ味噌(フキノトウ味噌)どんぶりの出来上がりです

posted by ginoどん at 21:12 | TrackBack(0) | 宮城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

宮城県のどんぶり 油麩どんぶり



鍋にだし汁を入れ軽く沸騰させ、砂糖・しょうゆ・みりんを加えます。
斜め切りにした長ネギと、輪切りにした油麩を入れます。
油麸を裏表しながら煮汁をしみこませ、一煮立ちしたら、溶き卵を回し入れ、半熟程度に火を通します。
暖かいどんぶり飯の上にのせて、油麩どんぶりの出来上がりです。
お好みで、紅ショウガをのせていただきます。
posted by ginoどん at 07:00 | TrackBack(39) | 宮城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

宮城県のどんぶり ハラコめし

宮城県のどんぶり
ハラコめし

鮭の身とイクラがたっぷりとのっている、鮭版の「親子丼」という感じです。
フライパンにごま油をひき、生鮭を香ばしく焼きます
鮭の身をフライパンの中でほぐして、醤油と酒とみりんをいれ、水分が飛んでしまうまで煮炒めます。
大葉のみじん切りとゴマを入れ、温かいごはんとさっくり混ぜ合わせます。
どんぶりにとり、表面にもみ海苔を敷き詰めます。
イクラの醤油漬けをのせて出来上がりです。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(56) | 宮城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。