2011年05月24日

秋田県のどんぶり いぶり漬け丼

秋田県のどんぶり いぶり漬け丼

いぶり漬け(いぶりづけ)は、秋田県の主に内陸地方南部に伝わる漬物です。
「いぶりがっこ」という呼び名が一般に使われていますが、「いぶりがっこ」とは湯沢市雄勝地区(旧雄勝郡雄勝町)の漬物屋さんが売り出した、いぶり漬けの商標です。
秋田弁で漬物のことを「がっこ」とも呼ぶことから、その後「いぶりがっこ」として知られるようになったようです。

作り方は、大根を囲炉裏の上につるして燻製した、いぶり大根を作ることから始まります。
現在は、いぶり大根は10本、50本、100本単位で市販されています。
いぶり大根の表面をきれいにしてから、塩、米糠、赤唐辛子で漬け込みます。
燻製にする点を除けば沢庵漬けと似ています。
パリパリした独特の歯ごたえと香ばしいスモークの香りが特徴です。

適当に切って、暖かいどんぶり飯の上にのせて、いぶり漬けどんぶりの出来上がりです。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(40) | 秋田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

秋田県のどんぶり 比内地鶏味噌漬けどんぶり

秋田県のどんぶり
比内地鶏味噌漬けどんぶり

余分な脂肪がなく、適度な歯応えと風味を持ち、噛みしめるほどにコクと香りを楽しむことができるヘルシーな比内地鶏の鶏肉胸肉を味噌漬けにしたものです。
これをあぶって、秋田特産のあったかご飯をどんぶり山盛りにしたご飯にのせれば、比内地鶏味噌漬けどんぶりの出来上がりです。
一緒にねぎも焼いて添えてもおいしいです。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(64) | 秋田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。