2011年07月12日

福島県のどんぶり にしんの山椒漬けどんぶり

福島県のどんぶり にしんの山椒漬けどんぶり

身欠きニシンと山椒の葉を水または米のとぎ汁で良く洗い、水気を切ります。
一口大の大きさに切り、しょうゆ・酒・酢・砂糖を加えます。
ニシンと山椒の葉を交互に挟み込み、漬け込みます。
1週間ほどし、ニシンが柔らかくなったら、にしんの山椒漬けの出来上がりです。
そのまま、または炙ったものを、あったかいどんぶりご飯にのせて、にしんの山椒漬けどんぶりの出来上がりです。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(41) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

福島県のどんぶり いかにんじんどんぶり

福島県のどんぶり いかにんじんどんぶり

いかにんじんは、福島県北部の郷土料理です。
一説では、北海道の松前漬けの原型とも言われています。

材料は、スルメとにんじんです。
スルメとニンジンを細切りにします。
スルメは酒につけておきます。
醤油、日本酒、みりんで漬け汁を作ります。
これにトウガラシを加えて昆布を入れ煮立たせます。
煮立ったら、昆布を取り出し、ニンジンの入ったボールに注ぎ、冷まします。
スルメの酒を切り、ニンジンに加えて混ぜ、ラップをして冷蔵庫で1日〜2日置きます。
漬け汁がニンジンになじんだらいかにんじんの出来上がりです。

あったかいどんぶりご飯にたっぷりとのせ、いかにんじんどんぶりの出来上がりです。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(40) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

福島県のどんぶり ニシンの山椒漬けどんぶり

福島県のどんぶり
ニシンの山椒漬けどんぶり

身欠きにしんをさっと湯通し、適当な大きさに切ります。
水で洗い、うろこなどを落とします。
山椒の葉と実は、軽く洗い水気を切ります。
醤油・酢・酒で調味したタレの中に、身欠きニシンと山椒の葉を重ねて漬け込みます。

これをご飯の上にのせて、ニシンの山椒漬けどんぶりの出来上がりです。
ニシンの山椒漬けは、そのままでもいいですが、軽く火を通して香ばしくしてもおいしいです。

posted by ginoどん at 06:45 | TrackBack(41) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。