2011年05月31日

新潟県のどんぶり とうこん干しどんぶり

新潟県のどんぶり とうこん干しどんぶり

新潟県西頚城地方の郷土料理、とうこん干しです。
だいこんを、いちょう切りにして生干しにします。
なすとごぼうの味噌漬けを細かく刻みます。
生干しにしただいこんと細かくきざんだ味噌漬けをあえて、出来上がりです。

あったかいどんぶり飯にたっぷりのせてお召し上がりください。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(40) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

新潟県のどんぶり 鮭の焼き漬けどんぶり

新潟県のどんぶり 鮭の焼き漬けどんぶり

鮭で有名なのは北海道ですが、三面(みおもて)川が流れる新潟県でも古くから鮭を使った料理が親しまれています。
そのうちのひとつが、鮭の焼き漬けです。
材料は、鮭の切り身、しょうゆ、酒、みりん、砂糖です。
まず、漬け汁を作ります。
しょうゆ・酒・みりん・砂糖を混ぜ、強火で一煮立ちさせ、冷ましておきます。
鮭の切り身を網で香ばしく焼きます。
鮭が熱いうちに漬け汁に漬けます。
漬け込む時間によって味が決まるので、好みの味で調節してください。
これで、鮭の焼き漬けのできあがりです。
あったかいどんぶりご飯にのせて、新潟県のどんぶり、鮭の焼き漬けどんぶりの出来上がりです。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(40) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

新潟県のどんぶり 鮭の焼き漬けどんぶり


醤油、酒、みりんを鍋で合わせ、アルコールが飛ぶまで火にかけて漬け汁を作ります。
醤油5に対して、酒4、みりん1ぐらいの割合が目安です。
鮭の切り身を、皮がやや焦げる程度まで焼き上げます。
焼き上げた切り身を熱々のうちに密閉できる容器に並べ、漬け汁に浸します。
一晩程度寝かし、味がなじめば出来上がりです。
そのまま丼飯の上にのせて完成です。
posted by ginoどん at 10:26 | TrackBack(40) | 新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。