2011年06月07日

石川県のどんぶり 河豚の卵巣の糠漬けどんぶり

石川県のどんぶり 河豚の卵巣の糠漬けどんぶり

河豚の卵巣の糠漬け(ふぐのらんそうのぬかづけ)は、石川県の郷土料理です。河豚の子糠漬けとも呼ばれています。
フグの卵巣には、肝などと同様に猛毒のテトロドトキシンが含まれているます。
このため、食品衛生法により食用を禁止されています。
しかし、日本全国で石川県の美川、金石、大野地区のみで製造されています。
河豚の卵巣の糠漬けの製造は、ふぐ加工に関する資格免許を持つ業者にのみ許されており、出来上がった糠漬けは、石川県予防医学協会による毒性検査を受け、毒素が消失したことを確認した後に出荷されています。
塩漬け工程に1年以上、その後の糠漬け工程に半年以上をかけて製造される、非常に貴重な珍味です。
出来上がった糠漬けはこのようにしっかり漬かっているので、かなり塩辛く仕上がります。
糠を軽く落としたらスライスしてそのまま食べられます。
またオーブンで軽くあぶっても香ばしく、変わった食感が楽しめます。

あったかいどんぶりご飯に、お好みでのせて、河豚の卵巣の糠漬けどんぶりの出来上がりです。
さらにお茶をかけての、「ふぐの子茶漬」もどうぞ。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(25) | 石川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

石川県のどんぶり えびす(べろべろ)どんぶり


えびす、べろべろという名は両方とも「べっこう」から来ているそうです。見た目が鼈甲に似ていたのでその名前が付たようです。
まず、寒天は水でもどしておきます。
なべにだし汁と細かくちぎった寒天を入れ、にとかします。
煮溶かせたら、しょうゆと砂糖を入れ沸騰させます。
よくかき混ぜた卵としょうがを加えます。
バットをあらかじめ水でぬらしてから流し込み、冷やして固めます。
固まったら、型から取り出し、食べやすい大きさに切り分けます。
どんぶりご飯にのせて、できあがりです。
posted by ginoどん at 19:00 | TrackBack(25) | 石川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。