2011年05月20日

山梨県のどんぶり 甲府鳥もつ煮どんぶり

山梨県のどんぶり 甲府鳥もつ煮どんぶり

昭和25年ごろ、甲府市内のそば店で考案されたといわれています。
一般的に「もつ煮」というと、汁気があって、長時間煮込んだものを想像しますが、少量のタレで短時間のうちに強火で照り煮するのが「甲府鳥もつ煮」の特徴です。

作り方です。
鶏の砂肝、ハツ、レバーを一口大にきり、きんかんはつながっている場合はひとつづつに切り分けます。
薄い塩水で軽く洗い、臭みや残り血などをきれいに流します。
フライパンに醤油、砂糖を入れて煮立たせます。
濃いようなら酒または水を少々加えて調整します。
強火で、たれを絡めながら煮付けていきます。
飴状になったタレが鍋肌にとろっと付いてきたら出来上がりです。
ししとうやピーマンを入れると、彩りになります。

あったかいどんぶり飯にたっぷりのせて、甲府鳥もつ煮どんぶりの出来上がりです。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(81) | 山梨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

山梨県のどんぶり あわびの煮貝どんぶり

山梨県のどんぶり
あわびの煮貝どんぶり

アワビは身に塩をふって、タワシでこすります。
鍋で酒を一煮立ちさせ、アワビを2時間ほど煮ます。
煮汁が少なくなったら、昆布だしを少しずつ加えながら煮ます。
アワビを殻からはずし、しょうゆを加えた煮汁で、さらに1時間ほど煮ます。
そのまま冷まします。
薄くそぎきりにして、熱々の丼飯の上にのせて完成です。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(81) | 山梨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。