2011年06月04日

京都府のどんぶり 湯葉どんぶり

京都府のどんぶり 湯葉どんぶり

最近は、神奈川県 足柄下郡箱根町湯本の箱根湯元の直吉や、梅の花で目にすることの多い湯葉丼ですが、ここでは元祖ともいうべき京都の湯葉どんぶりの作り方(レシピ)を紹介します。

湯葉は一口ほどの大きさに切っておきます。
油揚げは熱湯で油抜きをして、湯葉より小さめに切っておきます。
鍋に出汁、薄口しょうゆ、みりん、砂糖を入れます。
湯葉、油揚げを入れ一煮立ちさせます。
煮立ったら、水溶き葛粉でとろみを付けます。
あったかいご飯をどんぶりによそい、とろみのついた湯葉、油揚げをのせます。
その上に、針しょうがと刻んだ三つ葉を散らして、湯葉どんぶりの出来上がりです。

京都府のどんぶり 湯葉どんぶり の作り方でした。
posted by ginoどん at 19:45 | TrackBack(40) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

京都府のどんぶり はもまぶしどんぶり。




はもは、魚屋さんでさばいて骨きりまでしてもらうか、焼いてあるものを用意いたします。
はもの骨きりまでしたものを買ってきたときには、焼き網に載せて、香ばしく焼き上げます。
濃口醤油、みりん、だしの素で、たれを作ります。
あったかいご飯のうえに、1cm巾位に切った焼いたはものせ、たれをまわしてかけます。
かおりづけで山椒をふれば、はもまむしどんぶりの出来上がり。
posted by ginoどん at 11:08 | TrackBack(40) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

京都府のどんぶり 西京焼きどんぶり



漬け込む魚は、塩をして、一晩寝かせます。
十分水気をふき取ってから、白身味噌とみりんで作った味噌床に2,3日漬け込みます。
焼くときは、味噌がついていると焦げ易くなりまるので、みそは適度に拭き取ります。
おいしく焼けた西京漬けをどんぶりご飯に乗せたら、出来上がりです。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(40) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

京都府のどんぶり お茶の葉の佃煮どんぶり

お茶の葉がかくれる位の水を入れて中火で煮ます。
乾煎りしたちりめんじゃこと鰹節を加え、砂糖、みりん、しょうゆ、山椒の実で味付けます。
水分がとぶまでにつめていきます。
これで、お茶の佃煮の出来上がりです。
あったかいご飯にのせてお召し上がりください。
お茶の佃煮丼の出来上がりです。
posted by ginoどん at 20:12 | TrackBack(40) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。