2011年06月25日

徳島県のどんぶり 鱧っ子丼

徳島県のどんぶり 鱧っ子丼

2010年3月、徳島県が地元タウン誌に委託して実施した「とくしまブランド」丼レシピのコンテストで、優秀賞に選ばれた作品です。
「とくしまブランド」丼レシピ 優秀作品レシピ集 からの転載です。

【1】骨きりしたはもに塩コショウをふる。
【2】1に小麦粉、溶き卵、パン粉を順にまぶす。
【3】揚げ油を170℃に熱して【2】を揚げる。
【4】とんかつソースとケチャップと柚子こしょうを混ぜ合わせる。
【5】丼にご飯を入れ【4】のソースを薄くかけ、キャベツを敷く。
【6】はもカツをのせて、残りの【4】のソースかける。
【7】タルタルソースをかけて、付け合わせのほうれんそう、れんこん、プチトマトを盛り付ける。
【8】最後にゆずの皮をのせる。
posted by ginoどん at 00:00 | TrackBack(38) | 徳島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

徳島県のどんぶり ゆず味噌豚丼

徳島県のどんぶり ゆず味噌豚丼

2010年3月、徳島県が地元タウン誌に委託して実施した「とくしまブランド」丼レシピのコンテストで、最優秀賞に選ばれた作品です。
「とくしまブランド」丼レシピ 優秀作品レシピ集 からの転載です。

【1】豚バラスライス(2mm)を半分にカットしておく。
【2】調味料A(醤油10cc、みりん10cc、上白糖10g)をボールなどで合わせておく。
【3】フライパンに火をかけ熱くなったら油をしき、カットした豚バラ肉を入れて焼く。
【4】豚バラ肉に火がはいってきたら、調味料Aを入れ、一煮立ちしたら火を止める。
【5】ねぎは4〜5pに切り、しらがねぎを作っておく。
【6】ゆず味噌B(ゆず酢10cc、御膳味噌20g、上白糖20g、みりん20cc)を作っておく。
  (好みに応じて、上白糖などを調節してもよい。)
【7】器にごはんを盛り、その上にまずレタス、千切りしたキャベツ(コールスロー)をのせる。
【8】次に甘辛く煮た豚バラ肉をのせる。
  (煮汁を少しかけるとさらにおいしい。)
【9】白ねぎをその上にトッピングし、6等分に切ったプチトマト(1個/人)とれんこんチップ(3枚/人)を豚バラ肉の回りにトッピングする。
【10】最後にゆず味噌Bを好みの量で回ながらかけ、一番上にきざみのりをのせる。
【11】付け合わせの鳴門わかめの味噌汁と漬物を添えて出来上がり。
posted by ginoどん at 17:44 | TrackBack(38) | 徳島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

徳島県のどんぶり 徳島丼

徳島県のどんぶり 徳島丼

元々はフジテレビの社員食堂で人気があったメニューです。
サザン・オール・スターズの桑田祐介サンがTVで紹介したこともあるらしく、逆輸入して徳島県庁の食堂に登場した。
今では、新たな名物料理として徳島県全域に広がりを見せているようです。
ご飯の上に「徳島ラーメン」特有の具材をのせます。
作り方です。
もやしは、油でいため、塩・こしょうで味付けします。
豚ばら肉の薄切りをいため、砂糖、酒、醤油、中華スープのもとで、甘辛く煮付けます。
熱々のどんぶりご飯に、もやし、豚肉、メンマ、生卵を載せて、ねぎを散らして徳島丼の出来上がりです。

かき混ぜてお食べください。
posted by ginoどん at 09:45 | TrackBack(38) | 徳島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

徳島県のどんぶり れんぶどんぶり



金時豆は洗い、水に一晩つけた後、ゆでます。
高野豆腐は湯でもどし、水気をしぼり、薄切りにします。
だいこん、ごぼう、にんじん、こんにゃくは1cm角に切る。
だし汁を鍋に入れて、豆以外をさきに煮ます。
そこへ豆を入れ砂糖を足しながら煮詰め、さらに醤油も加え、しばらく煮ます。
しあげに梅干しを加え、煮てできあがりです。
白ご飯のどんぶり飯にのせて、れんぶどんぶりの出来上がりです。
posted by ginoどん at 07:00 | TrackBack(38) | 徳島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。