2011年03月04日

大分県のどんぶり きらすまめし



「きらす」は「おから」を、「まめし」は「まぶす」を意味します。「きらすまめし」とは「おからをまぶしたもの」という意味になります。
魚の薄い切身にし、醤油に漬けます。
おからにネギやショウガを混ぜます。
切り身のしょうゆ漬けとおからを混ぜ合わせ、カボスを絞って出来上がりです。
あったかいどんぶりご飯にたっぷりのせて、きらすまめしどんぶりの出来上がりです。
posted by ginoどん at 07:00 | TrackBack(0) | 大分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

大分県のどんぶり とり天どんぶり


一般社団法人 大分市観光協会のとり天のレシピです。
鶏肉をひとくち大くらいの手頃な大きさにカットします。
このときに、鶏肉の「白いスジ」をとっておくと、口に残らず食べやすくなります。
ボールに鶏肉、すりおろしたニンニク、生姜を入れ、酒、塩を加えてよく混ぜ、下味をつけます。
ニンニクや生姜の量はお好みで変えてください。
卵に冷水を加えて、卵水を作り、そこに小麦粉を少しずつ加えて衣を作ります。
混ぜすぎると粘りが出てしまうので、軽く混ぜましょう。
鶏肉に衣をつけて、180度の油で揚げます。
少しずつ油に入れて揚げると、温度が下がらずにさっくりと揚がります。
これでとり天の出来上がりです。
しょうゆ、出汁、砂糖、みりんで、かけだれを作ります。
少しとろみが出るまでにつめます。
あったかいどんぶりご飯の上にとり天をのせ、大根おろしをのせてかけだれをかけます。
小ねぎをあしらって、とり天どんぶりの出来上がりです。
posted by ginoどん at 07:00 | TrackBack(0) | 大分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

大分県のどんぶり 琉球(りゅうきゅう)丼

大分ではお刺身を醤油とごまのたれに漬け込んだものを「琉球(りゅうきゅう)」と呼びます。
「琉球(りゅうきゅう)」は、関アジを醤油、みりん、酒でヅケにします。
どんぶりご飯に大葉ときざみ海苔をしきつめて、その上に「琉球(りゅうきゅう)」をたっぷり乗せます。
みょうが、九条ねぎ、生姜をのせ、すりごまをまぶして、琉球(りゅうきゅう)丼のできあがりです。
posted by ginoどん at 05:17 | TrackBack(0) | 大分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。